非抜歯矯正

歯をできるだけ抜かずに歯並び矯正を行う「非抜歯矯正」についてご紹介します

歯を抜かないメリット

健康な歯が残る

「将来的に自分の歯を1本でも多く残したい」という患者さんのお気持ちはもちろん、歯科医師の立場からも、できるだけ健康な歯は残しておいた方がいいのというのは確かです。

非抜歯矯正なら、永久歯(親知らずを除く)を抜くことをしないので、健康な歯が残ります。

口腔内が広く保てる

お子さまは特に永久歯を抜くと、顎の成長が抑えられ、口腔内が狭くなる恐れがあります。

大人の方でも抜歯して口腔内が狭くなることで、舌の収まりが悪くなり、違和感を覚える、滑舌が悪くなる、呼吸しにくくなる(いびきをかくようになる)ようなデメリットが現れることがあります。

非抜歯矯正なら、口腔内を維持したまま歯並び矯正が可能になる点が魅力です。

天神・打和矯正歯科医院の非抜歯矯正のポイント

従来の矯正治療では、小さい顎に収まりきれず凸凹になった歯を整えるために、永久歯を抜いたスペースを利用して収まりきれない歯を動かしていくのが基本です。

天神・打和矯正歯科医院の非抜歯矯正では、歯を抜くことなく、凸凹した歯を納めるスペースをつくるために、以下の治療を行っています。

顎の幅を拡大する

矯正装置によって顎の幅を拡大させると、凸凹に飛び出していた歯が収まるスペースができます。

奥歯を後方へ移動させる

奥歯を後ろへ動かすことで、歯全体も後方に移動するため、凸凹した歯が収まるようになります。

その他

顎の傾きを正したり、回転させたりするなど、お口の状態に合わせて治療法を変えながら歯並びを整えていきます。

多くの治療例がありますので、詳しくは「治療例」のページをご覧いただくか、初回無料相談にお越しください。

治療例