目立たない矯正

舌側矯正

矯正装置が目立つのが気になるという方には、目立たない矯正治療も行っております。

歯の裏側から歯並びを整える、目立たない矯正治療法

舌側矯正は別名「裏側矯正」ともいわれ、通常のワイヤー矯正のように歯の表面に矯正装置をつけるのではなく、歯の裏側に装置をつけることで、口を開けても目立ちにくいのがポイントです。

矯正効果も通常のワイヤー矯正と変わらないので、人気が高まっています。

舌側矯正のメリット

周りの人に気付かれにくい

歯の裏側に矯正装置をつけるので、外から見ても矯正治療中であることがわかりにくいのが魅力です。

食事の際も気になりにくい

通常のワイヤー矯正であれば、食事の際に食べ物が矯正装置に引っ掛かりやすくなり、人と食事をするときに気になってしまいがちです。

舌側矯正であれば、歯の裏側に装置があるので、周囲の人の目を気にせず食事ができます。

舌側矯正のデメリット

  • ワイヤー矯正よりも料金が高い
  • 矯正装置に舌が当るので、違和感を覚えやすい
  • 話しにくくなりやすい

マウスピース矯正

目立ちにくく、取り外しも可能な矯正治療

透明に近い医療用のマウスピース型の矯正装置をつけることで、歯並びを矯正する治療法です。

患者さんお一人おひとりに合わせて矯正装置をつくり、治療の段階に合わせて新しい装置に交換することで、歯を少しずつ動かしていきます。

固定式の装置ではなく、取り外しができるのも大きな特徴です。

マウスピース矯正のメリット

透明に近い装置だから目立たない

マウスピースを装着しているときでも、透明に近い素材なので目立ちにくいのが魅力です。

食事や歯磨きのときは取り外しできる

マウスピース矯正では、患者さんがご自身で装置を取り外しできるのが特徴です。

食事や歯磨きなどのときには外すことができるので、食事を美味しく食べられるほか、しっかりとブラッシングもできます。

痛みが少なく、粘膜を傷付けにくい

金属のワイヤーで固定することがなく、徐々に歯を動かすので、痛みが少なくて済みます。

また金属の装置で粘膜を傷付ける心配もありません。

マウスピース矯正のデメリット

  • ワイヤー矯正よりも料金が高い
  • 大幅に歯並びを矯正したい人には向いていない